« 2014年12月 | メイン | 2015年3月 »

2015年1月

2015年1月 5日 (月)

ありがとうございます!お蔭様で15周年を迎えます!

Photo

明けましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

当社は、2000年1月に設立いたしました。よって、本年は15周年となります。

とはいえ、正直、丸15年も経った会社と思えないひ弱さゆえに、何度も連呼するのも恥ずかしい限りな感じです。

会社設立する時、私自身、15年後の姿なんて微塵も想定していませんでした。そもそも、長くやる、なんて考えてもいなかったですしね。だから、こうして苦しんでばかりの10年、15年とやってきている自分を、自分自身が一番ビックリし、自覚していないと思っています。

15年がゴールでも何でもないので、特段、この時点での感慨深いものはないのですが、会社の生き残り方として、「5年ひと括り的なビジネスユニット」を個人的に意識していることもあり、これから5年のスタートに対する不安と希望をとても強く感じています

  • 2000~05年:勢いだけのベンチャー企業
  • 2005~10年:現実を思い知らされた停滞期

  正直、リーマンショックは、悪い状況に更に追い討ちをかけるほどヤバい状況を見せてくれました。が、そんな状況が逆に、いろんなものを捨てるチャンスを与えてくれ、自分自身を大きくチャンジされてくれた気がして、この後に続いたと思っています。

  • 2010~15年:新生サイバーソリューションズへの変革

この直近5年間は、結果的に、不安定で脆弱なサイバーソリューションズに、固い経営基盤を構築した5年でした。とにかく、まず最初に取り掛かったのは、財務基盤を強くすること、そして、次なる収益基盤(次というか最初のかもしれないけど)を構築することでした。後者は、いわゆる「クラウドビジネス」です。正直、クラウドに関しては、開始した2年くらいは、内外からネガティブなことを言われ続けたのを、さらりと流しながら意地になって推し進めた感じです。

さて、問題はこれからの5年間です。

この先1年ちょっとは、今のビジネスモデルの延長戦上で戦っていけると感じています。もちろん、そのままでなく可能な限りのマイナーチェンジを繰り返してです。でも、たかだか1年ちょいです。そういう意味での、今のモデルのデッドエンドは目と鼻の先の話です。ゆえに、この間に、我々は2020年を笑って迎えられるビジネスモデルを構築していかなければならない。たとえ見た目はそんな違わなくても、中身は根本的に異なる変身が必要です。

もちろん既に走っていることも幾つもあります。まずは幾つも走り出すことが大事です。そして、どこかでバッサリとトレードオフする。ITの世界って、端から見れば、明日どうなるかも分からない的な早い時流と曖昧さが特徴に見えますが、私は、そういう一部はあるものの、根本的には、どれだけ自分達のことを理解できるか、どれだけお客さんのことを見れるか、という2点だけは変わらない重要なポイントと思います。

つまり、私たちは、私たちなりの、私たちだけのストロングポイントを、如何に来るべきタイミングに変化するために、継続的に挑戦していけるかがだと思っています。

いろんな意味で、この2015年は重要な1年と思っているのです。

とはいえ、15年やってこれたのも、全てがこんなサイバーソリューションズを応援してくれ、支え続けてくれてきたお客様やパートナーの皆さんのお陰です。

そして、我々の強みを教えてくれたのもの、その皆さん達です。

ゆえに、どこまでも果てしなく、今年もこれからも、我々が為すべき仕事はより高い品質を目指して日々積み上げていきます

同時に、我々の成長が、お客様にとっても、パートナーの皆さんにとっても、第一の信頼の証でもあるので、とことん成長していくことに拘っていきます。

まだまだ15歳です。人であれば中学生レベルです。

これからも日々、一歩ずつ社員一同、知恵と力を合わせて、前進してまいります。

どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

サイバーソリューションズ株式会社 代表取締役 秋田健太郎&社員一同

プロフィール
フォトアルバム
Powered by Six Apart